通信講座を利用して資格取得の勉強をする

By admin - Last updated: 水曜日, 9月 10, 2014

仕事をしていると今以上のスキルを磨いて自分の可能性を模索してみたいといった人がたくさんいます。今働いている職場のために資格を必要とする人もいれば新しい仕事のことを考えて道を切り開くために資格取得を目指す人もいます。どちらにしても気になることは資格を取るために必要となる時間です。資格教室に通えるならいいのですが、多くの資格が独学での勉強が必要で時間を作ることができなくなりがちです。

資格を取るために自宅でも効率的に勉強をする方法が通信講座です。通信講座を利用すると自宅に居ながら専門の資格について勉強することができます。人気のある資格にしてもマイナーな資格にしても通信講座を利用すればただ独学で勉強するしかなかった状況よりもずいぶんマシになります。通信講座によっては勉強するための様々な工夫がされていて、映像を使った勉強方法なども教えてもらえます。

民間の資格だけでもたくさんのものがあります。国家資格でもない限り開業するとか、就職に絶対必要なんてものはありませんが、民間の資格でも就職に有利になるような資格はたくさんあります。通信講座を上手に利用して足りない勉強時間を補い、資格取得に役立てていってみましょう。

Filed in 資格

医師専門の転職サイトを利用する際の注目ポイント

By admin - Last updated: 月曜日, 6月 23, 2014

医療業界は何かと苦労が絶えないと耳にします。たしかに一般的な企業であれば、ブラックと言われてしまうような労働環境も少なくありませんからね。人の命を扱う職業の宿命と言われてしまえば、それで片づけられてしまいますが、やはり希望に沿った職場で働けることを医師の多くも望んでいるはずです。

そこで転職求人サイトを利用して、自分の希望や目的に合った病院や勤務地を探している人も多いはずです。そこで転職求人サイトを利用する際の、重要なポイントを2つ紹介します。

1つは当然のことですが、募集件数の多いサイトを利用すべきです。勤務地や募集科目、施設種別、当直の有無など、利用者の希望は様々です。よって質よりも量を重視しているサイトの方が利用価値は高いと言えるでしょう。

どんなに質の高い求人先を掲載していたとしても、目的を満たしている募集先を見つけられないのであれば、閲覧する意味すらありませんからね。

2つ目はサポートの質です。医師という職業柄、何度もサイトをチェックしたりすることは難しいでしょう。また日々の追加更新情報を1つ1つ確認することほど無駄な作業はありませんので、希望に合った情報が追加されたらメールなどで連絡してくれる所を利用したほうが良いです。

医師の求人・転職なら「ドクターキャスト」という所が利用者も多く、上記2点も満たしています。無料会員登録をすることで、個別で案件を連絡・紹介してくれるそうです。医師の求人・転職なら「ドクターキャスト」を活用してみましょう!

Filed in 転職情報

どんな資格も勉強しなくては覚えられません

By admin - Last updated: 火曜日, 6月 17, 2014

求人情報を探していると、まれに医師の募集が病院などから行なわれている事があります。もちろん条件として医師免許の修得者が必須となっています。この資格という条件は、就職活動では重くのしかかるもので、いかに熱意があろうともそれだけで職に就くことは出来ないのです。しかし本当に熱意があるのでしたら、これからでも医師免許を修得して、自分が病院にとって必要と思われるような人材になる努力も忘れてはいけません。熱意と実際に努力を積んでいるかは別問題なのです。

医師免許以外にも病院内業務の求人というものは、探せば見つかるものです。看護師だったり調合薬剤師だったり、医療事務などの職種がそれにあたります。これらの職業も特別な資格が必要となるのですが、最近では通信講座などで気軽に勉強ができる環境が整ってきているので、努力次第ではこれからでも無資格の人でも病院内業務に就く事が出来るのです。やはり求人活動には自分のスキルアップが必要不可欠で、それを証明できる分かりやすいものが資格や免許となる訳です。

医師や病院現場求人は、なかなか見つからないという話もありますが、それは情報の探し方に問題があるのかもしれません。餅は餅屋ですので、医療情報を専門としている求人サイトなどで情報を集めるべきだと思います。

Filed in 職探し

マネジメントで会社が変わる!

By admin - Last updated: 金曜日, 3月 21, 2014

誰だって、自分ややりたい仕事に就けることを希望しています。それぞれ得意不得意があるのは当然のことではないでしょうか。もちろん不得意なことを頑張ってやらないといけないときもあるでしょうが、やはりその分効率は落ちます。人は得意だったり、好きだと感じることなら積極的に取り組みますが、不得意なことや嫌いなことに関しては、やらなくてはならないと思いながらも、作業を始めてもなかなかうまくいかない…だから時間がかかってしまうという悪循環です。

それを続けていると、個人の問題ではなく仕事を任せている会社全体の問題にもなっていきます。売り上げや収益が上がらない、退職者や求職者が相次いでしまう。そんな問題が発生するかもしれないのです。

大事なのはその人に合った仕事を頑張ってもらうこと。それで驚くほどに仕事の効率も上がっていきます。タレントマネジメントシステムを利用して、そのような問題を乗り越えてきた企業がたくさんあります。

まずは働く人材の情報を把握し、データ化することでどの人にどんな仕事を任せるのが適しているのか、そこから考えましょう。そしてその情報を参考にして、効率よく仕事が回っていくように人材を配置する。このタレントマネジメントで会社も働く人も満足のいく結果が得られる方法でしょう。

Filed in サービス

タレントマネジメントで得られるメリット。

By admin - Last updated: 水曜日, 3月 12, 2014

今、企業にとって必要不可欠であるとされている「タレントマネジメント」。
社員である人材を有効活用するために必要な取り組みのことを指します。
人材の能力やスキルをきちんと把握、管理をすることで企業全体の最適化を図ります。

タレントマネジメントを行うことで発生するメリットについて、以下に記載しましたので参考にしてみてください。

●経営戦略に合わせた人材を活用できる
人材個々の持つ能力やスキルを確実に把握することで適材適所への配置が可能になります。

●人材資源が最大限活用できる
現在、高齢化が進む社会において、労働力が徐々に減少しています。
つまり、今ある人材資源を上手に活用しなければ企業はまわりません。
雇用の拡大化も大事ですが、今持っている人材をうまく活用することが需要です。

●従業員の育成が可能
本来のスキルを最大限引き延ばすことができる場所に配置することで、さらなる従業員の育成やスキルアップを目指すことができます。
また、長期的な成長を見越した教育ができます。

タレントマネジメントにおいて最も重要なことは、「人材を正しく評価すること、正しい場所に配置すること」です。
今までの終身雇用制度からの脱却が非常に大事であることが言えます。

タレントマネジメントの定義や事例について

By admin - Last updated: 水曜日, 3月 12, 2014

タレントマネジメントの定義についてお話します。これは2006年度版のタレントマネジメント調査報告書の中で定義されているものです。その内容は、

・人材の選抜や採用、適材適所への配置、リーダーの開発育成、後継者の養成など人材マネジメントをプロセス改善する

・能力に対する報酬や評価を改善する

・人材の仕事に対する意欲を増進させる

・現状のビジネスニーズ、そして将来のビジネスニーズの違いを冷静に見極める

・戦略的、かつ総合的に能力開発に取り組む

・それによって企業の生産性が改善される

となっています。

経営戦略のひとつになっています。職場の人材を人財と位置づけて、一人ひとりを育成したり教育、訓練することで、今の能力よりさらに飛躍することができます。仕事の効率を上げるために色んな方法がありますが、まずは人材を育成すること、その人のもつ能力を開発することなどがタレントマネジメントというわけです。

タレントマネジメントの導入について、人材管理システムなどのクラウドを導入しているところが増えてきました。これによって、その人がどんな部署なら能力を発揮するか、適材適所に配置することで人材の能力アップだけでなく、企業として利益アップにも繋がっていきます。