タレントマネジメントの定義や事例について

By adminLast updated: 水曜日, 3月 12, 2014 • Save & Shareコメントする

タレントマネジメントの定義についてお話します。これは2006年度版のタレントマネジメント調査報告書の中で定義されているものです。その内容は、

・人材の選抜や採用、適材適所への配置、リーダーの開発育成、後継者の養成など人材マネジメントをプロセス改善する

・能力に対する報酬や評価を改善する

・人材の仕事に対する意欲を増進させる

・現状のビジネスニーズ、そして将来のビジネスニーズの違いを冷静に見極める

・戦略的、かつ総合的に能力開発に取り組む

・それによって企業の生産性が改善される

となっています。

経営戦略のひとつになっています。職場の人材を人財と位置づけて、一人ひとりを育成したり教育、訓練することで、今の能力よりさらに飛躍することができます。仕事の効率を上げるために色んな方法がありますが、まずは人材を育成すること、その人のもつ能力を開発することなどがタレントマネジメントというわけです。

タレントマネジメントの導入について、人材管理システムなどのクラウドを導入しているところが増えてきました。これによって、その人がどんな部署なら能力を発揮するか、適材適所に配置することで人材の能力アップだけでなく、企業として利益アップにも繋がっていきます。

Leave a Reply